日本笑い学会マーク

イベント情報

TOP > オープン講座情報

→メールマガジンでも笑いに関する活動情報がご覧いただけます

オープン講座

日本笑い学会が大阪市内で毎月開催している「オープン講座」。 この講座では「笑い・ユーモア」に 関するさまざまなお話をお聞きいただけます。 講師は哲学、心理学、文芸学、人類学、医学など各専門分野の先生方や各分野で活躍されている方など多岐にわたります。
第2日曜の昼さがり、皆様のご出席をお待ちしています。

第286回オープン講座
ネガティブ感情と笑いと
石山悦子氏(演芸作家)

日時:

2021年12月12日(日)14時〜15時30分

テーマ:

ネガティブ感情と笑いと

講師:

石山悦子氏(演芸作家)

概要:

発想の原点は腹立ちや悔しさ。作家的ネガティブ感情の育て方から、笑いへのアプローチの方法など。

会場:

関西大学・梅田キャンパス7階 701教室

〒530-0014 大阪府大阪市北区鶴野町1番5号
(阪急「梅田駅」茶屋町口徒歩5分、JR「大阪駅」徒歩10分)

会費:

★先着36名様!!

一般:500円(学生300円)

日本笑い学会会員:無料

(予約不要)

共催:

関西大学人間健康学部

問合せ: 日本笑い学会事務局(予約不要)

287回オープン講座
「笑うこと」と「忘れること」
井上宏氏(関西大学名誉教授、日本笑い学会顧問)

日時:

2021年1月9日(日) 14時〜15時30分

テーマ:

「笑うこと」と「忘れること」

講師:

井上宏氏(関西大学名誉教授、日本笑い学会顧問)

概要:

笑いを「時間」の中で考えてみよう。笑いは瞬間的、断続的、持続的にと考えられるが、そんなに長時間続くというものではない。笑いの時間的構造を「笑う前」「笑っている最中」「笑った後」と区切って考える。「忘却」も時間の中で起こる。「記憶」があっての毎日であるが、「忘却」が適度にあってこそ生きられる。
両者の巧みな「入れ換え」「気分転換」「気晴らし」においての「笑い」の働きについて考えてみたい。

会場:

関西大学・梅田キャンパス7階 701教室

〒530-0014 大阪府大阪市北区鶴野町1番5号
(阪急「梅田駅」茶屋町口徒歩5分、JR「大阪駅」徒歩10分)

会費:

★先着36名様!!

一般:500円(学生300円)

日本笑い学会会員:無料

(予約不要)

共催:

関西大学人間健康学部

問合せ: 日本笑い学会事務局(予約不要)

 

→これまでのオープン講座の記録はこちら